• トニックと違いプロペシアは本物の医薬品

    2016年12月25日

    頭皮の環境を整えるために、医薬部外品や化粧品を利用する人は非常に多いです。男女問わず、頭皮の環境が劣悪になると抜け毛が多くなってしまい、比較的若い年齢であっても薄毛の症状が目立つようになってしまいます。特に、カラーやパーマなどをよくする人は、こうした症状になりやすい傾向にありますので注意が必要になり...

    記事の続きを読む

  • 金髪の髪の毛の本数とヘアサイクルを戻すプロペシア

    2016年11月13日

    欧米人の中には黒髪の人、金髪の人などがいますが、一般的に金髪の髪の毛の本数は15万本前後、黒髪は9万本前後と言った具合に、金髪の人の方が髪の毛の本数が多いと言います。 また、黒髪は剥げやすく、金髪は剥げにくいなどとも言われていますが、これは髪色によるものであり、目立ち難い事から、黒髪は剥げている部...

    記事の続きを読む

  • プロペシアへの耐性と子作りへの影響

    2016年10月9日

    [pic1 left]プロペシアに関する疑問点としてよくあるのが耐性についてです。毎日飲む薬ですので、飲み続けることによって体が慣れてしまい効き目が低くなるのではないかと疑問視されることがあるようです。事実、3年目あたりから効果を実感し難くなったり、回復がストップしてしまったと感じている方もいるよう...

    記事の続きを読む

  • 育毛効果の在るオイルの種類やプロペシアについて

    2016年9月9日

    ストレスや食生活の乱れ、アルコール過多や喫煙、夜更かしなどを続けることで薄毛になるケースが在ります。 薄毛と言うとAGAなどが有名ですが、AGAは進行型になるため早目に対策を行わないと前頭部や頭頂部の毛が全て抜けてしまい、ハゲの状態になってしまう事も在ります。 薄毛に悩む人と言うのは意外と多いと言...

    記事の続きを読む

  • プロペシアを使用できない基準とは

    2016年9月9日

    [pic1 left]思春期以降に、額や髪の生え際部分、頭頂部の髪などが薄くなってしまう症状である「男性型脱毛症(AGA)」の症状には、厚生労働省が認可している治療薬「プロペシア」が有効であることは有名な話ですが、男性型脱毛症であれば、誰でも使用することができるというわけではありません。最近は、若い...

    記事の続きを読む