金髪の髪の毛の本数とヘアサイクルを戻すプロペシア

欧米人の中には黒髪の人、金髪の人などがいますが、一般的に金髪の髪の毛の本数は15万本前後、黒髪は9万本前後と言った具合に、金髪の人の方が髪の毛の本数が多いと言います。 また、黒髪は剥げやすく、金髪は剥げにくいなどとも言われていますが、これは髪色によるものであり、目立ち難い事から、黒髪は剥げている部分が目立つからだとも言われています。 剥げてしまう原因は色々な事が挙げられるのですが、AGAなどの場合はヘアサイクルが乱れてしまうため、早めに治療を受けなければ薄毛の症状は広がる事になり、髪の毛が無い状態になってしまう事も在ります。 ヘアサイクルと言うのは成長期、休止期、退行期の3つで、これらをまとめて毛周期と呼んでいます。 髪の毛は1日に約0.3~0.4ミリ伸びると言われており、成長過程では5年から7年になりますが、AGAの症状を持つ事で成長過程が数か月になり、通常髪の毛が抜け落ちた後は生え変わる事になりますが、悪玉脱毛ホルモンの働きにより、毛母細胞の機能が停止してしまうので、新しい髪の毛が生えて来なくなり、薄毛の範囲が広がると言うメカニズムを持つのです。 プロペシアはAGAの特効薬として、ヘアサイクルを正常な状態に戻すため、悪玉脱毛ホルモンの働きを抑制させてくれます。 1日に1錠のプロペシアを服用することで数か月から半年ほどでヘアサイクルが正常な状態になり、服用し続ける人の多くが発毛を期待することが出来るようになります。 尚、プロペシアは5α-還元酵素を阻害する医薬品であり、酵素を阻害することで正常な男性ホルモンとの結びつきが無くなり、悪玉脱毛ホルモンに変換される事が起きなる事から、脱毛症を克服させることが出来るようになります。

プロペシアに関する記事

ページの先頭へ戻る