プロペシアを使用できない基準とは

女性はプロペシアに触れることもできない思春期以降に、額や髪の生え際部分、頭頂部の髪などが薄くなってしまう症状である「男性型脱毛症(AGA)」の症状には、厚生労働省が認可している治療薬「プロペシア」が有効であることは有名な話ですが、男性型脱毛症であれば、誰でも使用することができるというわけではありません。最近は、若い男性であっても「男性型脱毛症(AGA)」の症状に悩まされている方が多いようです。しかし、未成年の場合は、まだ大人になる成長過程ですので、男性ホルモンが落ち着いていない可能性がありますので、「プロペシア」を服用することは、大きなリスクを伴う場合があります。また、病気の治療をしている場合や、持病があり、日常的に服用している薬などがある場合には、必ずかかりつけの医師に確認してから服用をするようにしましょう。とくに、肝機能障害などがある場合には、肝臓の細胞が死んだときに出る酵素である「γ(ガンマ)-GTP」が増える場合があります。肝臓に負担がかかっている可能性が考えられていますので、肝臓に何らかの不安を抱えている場合には服用をしないことをおすすめします。また、「プロペシア」は男性が対象とされる治療薬ですので、女性の場合は、「プロペシア」の錠剤に触れるだけでも、有効成分が体内に入ってしまう可能性があるため、触れることも厳禁であるとされています。とくに、注意が必要なのは妊娠中の女性で、服用した場合には、男児の生殖器に異常を起こすなど、胎児に影響を与える危険性がありますので、厳重に注意しましょう。また、「プロペシア」を服用している男性の精液には、微量ながらも「プロペシア」の成分が含まれていますので、不安な場合は服用を中止し、1ヶ月程度経過した後にセックスをするようにしましょう。

プロペシアに関する記事

ページの先頭へ戻る