プロペシアへの耐性と子作りへの影響

プロペシアは子作り影響が少なからずあるプロペシアに関する疑問点としてよくあるのが耐性についてです。毎日飲む薬ですので、飲み続けることによって体が慣れてしまい効き目が低くなるのではないかと疑問視されることがあるようです。事実、3年目あたりから効果を実感し難くなったり、回復がストップしてしまったと感じている方もいるようですから効き目が落ちるのではないかと心配されていることがあります。 しかしながら公式的にはそういった事実はないとされています。ですから耐性についてはそれほど心配をする必要はないということに落ちついているようです。 中には耐性を心配して飲んだり飲まなかったりを繰り返している方も存在するようですが、そのような飲み方ですと却って薄毛リスクが高くなってしまうこともありますので注意が必要と言えます。プロペシアは毎日飲む必要がある薬ですので飲まない期間があると薄毛が進行されてしまいますし、結局薄毛を改善できないままになってしまうかもしれません。やはり飲み続けることが大切な薬ですから耐性が心配でも毎日飲むのが理想と言えるでしょう。 続いて子作りへの影響についてです。子供にも影響があるのではないかと心配をされることがあるようですが、きちんと用法容量を守って飲むようにすれば影響は特に心配する必要はないとされています。もし良くない飲み方をしている場合ですと影響が出てしまう可能性がありますので注意が必要です。 ただし、別のかたちで子作りに影響する可能性はあり、それはEDによる影響です。プロペシアには副作用としてはEDの症状がありますが、もし副作用が出てしまうと性行為に影響してしまう可能性があります。その為、もしEDの症状が出た場合は子作り期間中は使用を控えるなどした方が無難と言えるかもしれません。

プロペシアに関する記事

ページの先頭へ戻る