プロペシアは前頭部からロングの毛を生やしてくれます

プロペシアは普通のドラッグストアには売っていないプロペシアは、日本で唯一の経口薬の発毛剤です。この薬を入手するためには、医師の処方箋が必ず必要です。普通のドラッグストアなどには売っていません。また、医師の診察をしたからといって必ずしも、処方箋を出してくれるとは限りません。プロペシアは頭痛などの副作用があるので、高血圧の方には処方させないことがあります。また、糖尿病の患者さんにも処方されないことがあります。 プロペシアは当初、アメリカやヨーロッパで使用されていました。しかし、日本では危険があるとして、使用されていませんでした。それでも、3年間の準備期間を得て日本でも使用されるようになりました。海外での継続的な使用によって、安全性が確保されたからです。これにより、医療機関で治療される、薄毛治療という画期的なものが始まることになりました。 プロペシアの効果は絶大です。いままでの、育毛剤は個人差により効果がマチマチだったり、まったく効果が出ないということもありました。しかし、プロペシアは万人に効果の出る薬です。3か月服用すれば、前頭部から、産毛のようなものが生えてきます。そして、一年使用を続ければ、前頭部には、黒くて太い髪の毛が生えてきます。この時点で生え際はかなり前進しているでしょう。さらに、2年間服用を続ければ、前頭部を髪の毛を覆うようになっています。それだけ、このプロペシアという薬は強力なのです。 しかし、プロペシアを服用し続けるうえで一つだけ障害があります。それは、値段がかなり高いことです。一か月の薬の代金は7500円もかかります。なぜこのように高いかというと、保険が効かないからです。日本の医療制度は美容関係の薬や施術には保険を適用しないようになっているのです。ですので、プロペシアをロングで使用し続けると、かなりの高額の医療費を支払わなければなりません。

プロペシアに関する記事

ページの先頭へ戻る